人間関係

夫婦円満の秘訣!幸せな結婚生活を築くための実践的アプローチ5つ

アフィリエイト広告を利用しています

lilly

子育ての楽しみ方やママが笑顔でいられるための考え方などを私の体験を含めて愛を込めて書いています。少しでもあなたの笑顔がふえるお手伝いができたらうれしいです。

夫婦円満の秘訣には秘密があります。ここでは、幸せな結婚生活を築き上げていくための実践的なアプローチを5つご紹介します。

具体的な話し方や、相手の気持ちを考える表現方法を知り、あなたの結婚生活がより充実した幸せへ導かれることを応援しています。

1.感情が高ぶったら場を離れるのも夫婦円満のコツ

幸せな夫婦関係を築くための実践的なアプローチで最初に挙げられるのは、「感情が高ぶったら一旦その場を離れる」というものです。

これは、お互いに声を荒げたり、威圧的になったり、逆ギレしたり、過去のことを引き合いに出すなど、感情がエスカレートした状況を指します。

このような時、どちらかが場を離れることで冷静さを取り戻すことが重要です。

怒りが頂点に達した状態では、どんなに話し合いをしても意味がないからです。

感情的な言葉は論理的な対話ではなく、ただの怒りの表現に過ぎません。

また、大声で話しかけられると人間は自然と大声で返してしまう傾向があります。

意識的に声のトーンを下げること、冷静さを保つことが大切です。

感情が高まった時には、一時的にその場を離れるというのは、夫婦喧嘩を防ぐためにも効果的な方法です。

著者の私は、お互いに大声で話し始めたり、怒りを露わにした場合は、一時的にどちらかがその場を離れるというルールを結婚当初に設けていました。

夫がヒートアップしだしたら「あなたが怒ってるみたいなので、この話は続けますか?」

とあえて敬語で尋ねるようにしたこともあります。

私は冷静ですが、と遠回しで伝えることができるのでおすすめの対処方法です。

それでも大声を出されてしまったら、その場を退散しましょう。

2.ゆっくり話すことで夫婦間のコミュニケーションが取れる

実践的なアプローチ2つ目は、「ゆっくり話す」です。

話すスピードが速い人は、話の量が多くなりがちになるため、せっかく話した内容が相手に伝わりにくくなってしまいます。

ゆっくりと丁寧に話すことには重みがあり、意図的に行うことが大切です。

特に女性は伝えたいことがある時には、早口になりがちです。

伝えたい内容を明確にし、それを分かりやすく伝えることで相手に深く伝わります。

夫婦間のコミュニケーションでは、何を話したいのかを明確にして、シンプルで理解しやすい言葉を選んで話すことが効果的です。

また、結論を先に述べることで、話が聞きやすくなり、話の途中で適度に間を取ることも重要です。

間を取ることで相手の注意が集中し、あなたの言葉の重みが増します。

このテクニックをぜひ、日常生活に取り入れることで、夫婦間のコミュニケーションが改善されていきますよ。

3.パートナーの名前を呼ぶことで幸せな結婚生活を築く

実践的なアプローチ3つ目に重要なのは、「パートナーの名前を呼ぶ」です。

多くの夫婦は意外とお互いの名前を呼ばないことがあります。

人間は自分が感謝されたり、認められたりすることを本能的に求めています。

そのため、名前を呼ぶことは、相手の存在を認め、簡単に感謝の気持ちを伝える方法です。

例えば、「おはよう」だけでなく、「〇〇(夫・妻の名前)さん、おはよう」と挨拶をすること、または「〇〇さん、これ聞いてほしいんだけど」といった具体的な言い方をします。

子どもがその場にいるときは「パパ、おはよう」「ママ、おはよう」となることは仕方ありませんが、二人だけのシチュエーションの場合は、パートナーの名前で呼ぶようにします。

すると、相手は自分が認められていると感じ、よりコミュニケーションを取りやすくなります。

このテクニックは職場でも役立ちますよ。

「この資料作って」という代わりに「〇〇さん、この資料を作ってください」と言うと、相手に与える印象が変わります。

実際、成功しているハリウッドスターや信頼される社長などは、個々のスタッフや社員の名前を覚えることで知られています。

日常生活で名前を呼ぶ習慣を身につけることは、夫婦関係だけでなく、周りの人々との関係を改善するのにも役立ちます。

4.聞き役になることであなたが貴重な存在になる

アプローチ4つ目は、「聞き役になる」です。

これは、人は基本的に自分の話を聞いてもらいたいという願望を持っています。

自分の話を聞いてもらうことは、自分の存在を認められていると感じることに繋がります。

そのため、相手の話を注意深く聞くことが重要です。

自分が相手の話を聞くことで、相手も自分の話を聞いてくれるようになります。

また、夫婦間での会話が子どもの話題以外に少ない場合は、質問を増やすことで会話の質を向上させることができます。

人が自分のことを話せる、何でも聞いてくれる人は非常に少ないため、このような人になることはその人にとって貴重な存在になります。

自分の話を聞いてくれる妻は、自分を受け入れてくれる人であり、そうなればあなたは夫にとっても手放したくない存在になります。

ただ話を聞いてくれる人って、自然と周囲に人が集まってきていませんか。

夫婦関係が上手くいかない場合、まずは相手の話を聞くことから始めることが大切です。

5.物事を肯定から入れば結果人生がどんどん良くなる

最後にお伝えしたい夫婦円満の秘訣は「物事を肯定から入る人になる」です。

人間は、知らないことに対して、最初は疑って否定的になりやすいものです。

相手の言うことをいつも「ダメだ」と思う人です。

このような人は、自分を守るために、まるで大きな盾を持っているみたいに、問題や間違いから逃れようとします。

しかし、このやり方だと、夫婦関係の修復のチャンスを見逃してしまいます。

反対に、円満な夫婦は、物事をいったん肯定的に受け入れています。

これは批判的な言葉遣い、特に「でも」「だって」「だけど」といった否定的な言葉(「Dワード」と呼ばれます)を避け、

相手の言葉や意見を肯定的に受け止めることを意味します。

たとえ相手の意見が自分とは異なると感じても、「なるほどね」と理解を示すことで、より良い関係が築けます。

これまで著者の私は、自分が否定的な態度を取っているとは気づいていなかったため、パートナーから「いつも否定する」とか「反論ばかりする」と言われていましたが、

このことを知ってから「そうっかぁ、なるほどね。そういう考え方もあるんだね」と柔軟に受け入れてきたことで言われなくなりました。

肯定的な言葉や態度は、人間関係を改善し、相手の潜在意識にも良い印象を与えるため、日常的にこの点に意識を向けることが大切なんだと確信がもてました。

自分の口癖になっている言葉には、案外意識のエネルギーが強く乗っています。普段無意識でやっていることなのでなかなか気づけないものです。

参考波動の高低を知ってスムーズな人生へ!あなたの周りの人と状況で波動をチェック

よく「波動が高い」という言葉を聞きます。 波動が高いと、いい状況や人間関係が引き寄せられると言われます。 しかし、自分の波動がどんな状態かは分かりにくいですよね。 この記事では、自分の波動の状態を知る ...

続きを見る

まとめ

夫婦円満の秘訣には、実践的な相手へのアプローチ、行動が不可欠です。

実践アプローチまとめ

1.感情が高ぶったらその場を離れる

2.相手にゆっくり話す

3.パートナーの名前を呼ぶ

4.あなたが聞き役になる

5. 物事を肯定する人になる

実践的に行動することで、現実は変わります。

物事を肯定的にみることは、人生にとってもメリットがあるとここで論じるつもりはありませんが、

一つ確実に言えることは、「肯定したほうが確実にあなたの夫婦関係が楽しくワクワクしたものになる!」ということです。

あなたの結婚生活が愛あふれる毎日でありますように、心より応援しています。